>
キャッシングと親からお金を借りることの違い

キャッシングと親からお金を借りることの違い

お金に困ったときは、親からお金を借りるのが一番簡単な方法です。
子どもが本当にお金に困っていれば、お金を貸すことにためらいはないでしょう。

しかし、これまでに何度も借りていたり、親の収入が安定していないときには、
言い出しにくいものです。

親から借りれない場合、言いづらい場合はキャッシングする方法も

親からお金を借りるのが難しいなら、キャッシングをする方法もあります。
低金利なキャッシングもあるので、借りたとしても、負担はあまりありません。
借りられない状況なら、キャッシングに利用するのも良いでしょう。

親から借りると利息がかからないなど融通が利く場合が多い

しかし、キャッシングに頼りすぎるのも、問題があります。
親が貸してくれたお金は、利息を請求してくることはあまりありません。
子どもだからと言って、利息を取らないことがほとんどです。
また、返済に困ったときにも、支払いを待ってくれます。
毎月返済を催促するようなこともなく、数年後にまとめて借りた分だけ、
返済することもあるほどです。
利息の支払いと返済に融通を利かせてくれるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

キャッシングの場合は利息を上乗せする必要があるが、親に迷惑をかけずに済む

しかし、キャッシングには、このようなメリットはありません。
利用をしたら、利息を上乗せして返済をしなければいけません。
どれだけ返済に困っていても、支払いを待ってくれることもありません。
返済日に間に合わなければ、返済を催促され、遅延損害金を支払う必要もあります。
キャッシングを利用するときには、甘えた考えでお金を借りてはいけません。
簡単金利計算ソフトなどを活用しお金を返す計画を立ててから、借りなければいけないのです。
想像すると親から借りるほうがフリーター キャッシングより良いというのは当然ですが親しき仲にも礼儀や
関係性があります。お金はいざこざの元であり返さなかったら法的どうのこうのではなく信頼関係にきづが付きます。
どちらにしろきちんと返済をしないといけないのは当然ですが万が一のことを考えた時どちらを取るかを考えれば良いでしょう。