>
外国籍の方のカードローン条件

外国籍の方のカードローン条件

外国籍の方の場合には、カードローンを利用できない業者もたくさんあります。
しかし、一部の業者は条件付で利用可能となっていますので、
どうしてもお金が必要なときには利用してみると良いでしょう。

提出する書類がある

外国籍の方のカードローン条件としては、本人確認書類として運転免許証や
パスポートなどを用意すると共に、在留カードや特別永住者証明書、
外国人登録証明書などを提出する必要があります。

来日してから1年以上経過

また、外国の方のカードローン条件は、カードローンを利用していても
外国に戻って回収できなくなるというリスクが大きいため、
不法滞在であるかどうかということを確認するという意味からも、
来日してから一年以上は経過していなければならないと定めている業者も多いです。

審査については厳しめに判断されると思ったほうがよい

カードローンは元々保証人や担保の提供が不要である分、
貸し倒れを防ぐために高利になっていますが、
外国籍の方のカードローン条件として、金利のアップというのは特にありません。
ただ、信頼性という点ではすぐに海外に戻ることが出来るということが
ネックになりますので、長期的に日本に滞在すること、安定した収入があり、
国内で仕事をしていることが重要になってきます。

カードローンの審査基準で言うと、同じ業者であっても日本人よりは
若干厳しく設定されていると考えて間違いないでしょう。
また、上記の条件に加えて、日本語がある程度通じるということも
重要になってきます。

カードローンの契約書を読んで理解できたり、業者の担当者と
会話がきちんとできるなど、ある程度の日本語が理解できなければ
借入は出来ないでしょう。
このように、日本人に比べるとやや厳しいといわざるを得ない
外国籍の方のカードローンですが、利用することができれば使い道自由な
お金をすぐに借りることが出来ますし、返済や追加借入も提携atmが多いので
非常に便利です。毎月の支払額も、約定どおりでしたらそれほど
大きな負担にはなりませんので、無理のない範囲で利用しましょう。