>
アコムの即日融資の核になる与信判定システム

アコムの即日融資の核になる与信判定システム

自動契約機を最初に開発したのはアコムです。
業界発展のために、敢えて特許を取得せず、現在の消費者金融の特徴である
即日融資のビジネスモデルとなりました。

そんな業界の中でもパイオニア的な存在とも言えるアコムでは、
主要地域を核にコールセンターで与信業務を集中させています。
店舗や自動契約に加えて、ネット・ケイタイ・パソコンで契約の窓口が増えているのも一因です。

即日融資を可能にしたアコム

多様なチャネルからの契約に加えて、利用者のブランド・ロイヤルティも、
店舗からアコムという会社の選択に移ってきています。
今までの契約は店舗・自動契約機が主体で、与信の最終決済は店舗にあり、
地域の実情に合わせた与信業務を行っていました。

現在の与信システムは本人特定の基本情報に、住まいや就業、
信用情報機関で属性リスクを図り、そこに地域特性を加味し、
店舗であれば面談で得られる情報を最終的な与信枠に反映させています。

この一連の流れを、各地域をカバーするコールセンターに集中することで
即日融資のスピードを実現しています。

消費者金融で営業力があるということは、利用者にとってもメリットのあるものです。
属性リスクの判定時間の早さも地域を細かく、また集中的にカバーするシステム化によるものです。
取引リスクをランクづけするまでの早さが特にアコムでは早いのです。
これがアコムの即日融資のポイントです。
三菱東京UFJ銀行の連結子会社である点も、アコムの業務を強化するものになっており、
銀行名を冠にブランド力の強さは大手消費者金融の中でもトップクラスです。